メンバー全員1986年生まれ。2006年
a flood of circle結成。

バンド結成の翌2007年に早くも1stミニアルバム「a flood of circle」をイン ディーズ・リリース、弱冠ハタチ(当時)とは思えないその音楽観と卓越したラ イブパフォーマンスに注目が集まり、FUJI ROCK FESTIVAL'07に出演。 2008年には2ndミニアルバム「泥水のメロディー」を、さらに3ヶ月連続でライブ 音源をリリースしてシーンに頭角を現し、年末のCOUNTDOWN JAPAN 08/09に出演 を果たす。

2009年1月、初のワンマンライブを新宿ロフトで行いソールドアウト、3月には インディーズラストシングルがTOWER RECORDSインディーズチャート1位、レコ チョクロックうたで1位&2位を獲得し、ロックファンの脚光を浴びる。 同年4月、1st Full Album『BUFFALO SOUL』をSpeedstarからリリース。全国ツ アーを各地で満杯にする中、7月12日の代官山UNITツアーファイナル直前にギタ リストが失踪するも、バンドは入魂のパフォーマンスを披露し、つづくFUJI ROCK FESTIVAL'09、ROCK IN JAPAN FES. 2009のステージも大絶賛を受ける。10 月、東名阪クアトロでの自主ライブ企画開催と同時に失踪したメンバーの脱退を 正式発表し、新たなスタートを切った。

2nd Album
『PARADOX PARADE』

Speedstar Records
VICL-63477
¥2,500(tax in)
2009/11/18

1.博士の異常な愛情
2.Paradox
3.Ghost
4.アンドロメダ
5.月に吠える
6.-session #3-
7.Forest Walker
8.噂の火
9.Flashlight & Flashback
10.水の泡
11.プリズム

◇Guitar by
M-1,3,10 奥村 大(wash?)
M-7,8 菅波栄純
(THE BACK HORN)
M-4,11 竹尾典明
(FoZZtone)
M-2,9 安高拓郎
(椿屋四重奏)
M'Lady
(ここからの記事はツアー中に幾つかノートに書き留めた事柄と、
記憶にぎりぎりで留まっている事柄とで構成されています)
f0177417_1345951.jpg


10月22日仙台MACANA
THE NOVEMBERSと。彼らは前より更に透き通って、
そして更に尖っていました。
MACANAでは今回初めて演奏したけど、
熱く迎えてくれて、良い感触。

"ノルウェイの森"に関する取材が近かったので、
移動中何年かぶりに読み返した。
キズキという人物の名の由来を久々に考える。
登場人物の名前の意味を考えるのが、僕の趣味です

昔、思い立って「亮」の字の持つ意味を調べた時、
明瞭とか光るとか正直とかそんなような
余りにも僕に似つかわしくない意味だったので、
現実的に名が体を表す事はなかなか叶わないもんだなあ
と思った覚えがある。
だからか、自分の曲に名前を付ける際、
慎重に過剰に時間をかけてしまう。
f0177417_13435794.jpg


10月24日札幌Sound Labo mole
八戸からフェリーに乗って苫小牧へ。
僕は苫小牧の港が好きだ。
空気の粒子が細かくて、その一つ一つが澄んでいるように感じる。
残念ながら星はあまり見えなかった。
皆は"スラムダンク"を読んでいました。もうリングしか見えねえ

本格的な寒さが訪れる直前の北海道
真摯に受け止めてくれて、凄く楽しかった。
でも単純に人口の絶対数が多い町でワンマン出来ないのは、
悔しいわけです。もっと広い景色を見たい。見せたい。
何回でも挑む。もうリングしか見えねえの精神で。

最終フェリーの時間が迫って打ち上げ出来ず。
翌日は札幌で諸々取材を受けました。
ラジオでサガンの顔が好きだと発言したら、
非常にいまいちな反応を食らってしまった。
そりゃあそうか。いや放っておいてほしい。
f0177417_13254045.jpg

フランソワーズ・サガンさん

佐々木亮介
[PR]
# by afoc_ex | 2010-11-26 13:46
It's Only A Paper Moon
101017 light house
f0177417_13113518.jpg
f0177417_13112811.jpg
f0177417_13112089.jpg
f0177417_13111217.jpg
f0177417_1311387.jpg
f0177417_13105427.jpg
f0177417_13104496.jpg
f0177417_1310377.jpg
f0177417_13103098.jpg

photo by h.o-mi

オーミくんありがとう、遅くなってごめん
佐々木亮介
[PR]
# by afoc_ex | 2010-11-26 13:12
Young Fashioned Ways
101015 look
f0177417_1354168.jpg
f0177417_1353144.jpg
f0177417_1352284.jpg
f0177417_1351290.jpg
f0177417_135346.jpg
f0177417_1345366.jpg
f0177417_1343980.jpg

photo by h.o-mi

佐々木亮介
[PR]
# by afoc_ex | 2010-11-26 13:06
Fire Like This
100919 shelter
f0177417_125749.jpg
f0177417_12565491.jpg
f0177417_12564536.jpg
f0177417_12563645.jpg
f0177417_12562751.jpg

photo by h.o-mi

tell me what's going on (Marvin Gaye)

佐々木亮介
[PR]
# by afoc_ex | 2010-11-26 13:00
I'm Finding It Harder To Be A Gentleman
前回抜けてしまったんでこの話から
0907新宿LOFT
スマイリー原島さん生誕50周年記念イベント
集まった面子の豪勢さからも原島さんの偉大さが分かりますが
何より、とても熱いライブを観ることが出来ました。
僕が50歳の境地を知るには今から倍生きなければならない。
それが長いか短いかはその時にならなければ分からないけれど、
格好良い背中を見せて貰いました。
50と言えば丁度親の世代。不思議な感じ。

0919下北沢SHELTER
What's Going On vol.8 自主企画は本当に久し振り
wash?、SISTER JET、磯谷さん、石井さん、ケンゴさん、渡會さん
WGOならではの面子で演れたのは最高に嬉しい事
長い夜になると思っていたけど
小説を夢中になって読んでいるうちに朝が来るみたいに、
楽しい時間の連続はあっという間に終わってしまった。
僕は感情的だし思考回路が単純だから、
哀しいくらい一時に大事に出来る(想える)物事が限られている、
ライブは僕にとって本当に貴重な瞬間だという当たり前の事が
改めてよく分かりました。言葉にすると、ああ何とも陳腐だけれど。

1001愛知NCA名古屋コミュニケーションアート専門学校
曽根さんと二人で周るACOUSTIC ZOOMANITY初日
ZOOMANITYの曲の骨格だけを届ける、そんな作業。
アルバムとまた違うイメージが伝わっていたら面白いし、
同時に芯の部分が真っ直ぐ伝わっていたら良いな
カバーは"深夜高速" 
「若さはいつも素っ裸」
それにしても、学生さん、とは素敵な生き物だ。
当然全ての学生さんが青春を謳歌している訳じゃないだろうけど、
僕ももう少し爽やかに学生時代を過ごすべきだったかな。
ま無理だな。そういう資質がなかったんだな。
なんにせよその瞬間を不毛にしたくない限り
偽らず一所懸命であればヨシとしたい所存です

1002京都SOLE CAFE
ACOUSTIC ZOOMANITYの番外編で京都。
渋滞の影響で、ぎりぎり間に合っていない、と言える登場になったけれど
自分の部屋で一対一で歌を聴いて貰っているような錯覚に陥るほど、
居心地の良い空間だった。秋晴れの昼間という環境も良かったですね。
ライトニン・ホプキンスのコーヒーハウスのライブ盤を思い出した。
驚いたのは、5曲程演った後FoZZtoneが乱入、
もとい、僕の誕生日を祝いにわざわざ来てくれたこと。
あんなにポップに?祝ってもらったのは初めてです。感謝します
ステージにいて歌を歌ってもらうことはなかなか無いだろうし、
ステージにケーキが登場することもなかなか無いだろうから、
忘れ難い日になりました。

僕は24歳になった

1003大阪専門学校ESPエンタテインメント Club GARDEN
三日連続の締め括りは大阪。
前日の京都が非日常的なほど日常的な空間だったので、
その心のやわらかさを連れたままライブに臨めた
カバーは"満月の夕"
大好きな曲だしいろんな事が頭を巡ったけれど、
丁寧に、歌えたと思います。
学校の入り口にはばーんとヴィンテージ・ギターが飾ってあって、
曽根さんと二人で興奮。
そういえば曽根さんは最近ストラトキャスターを購入されました
羨ましい。今僕が欲しいギターはホワイト・ファルコン
そうですただブラック・ファルコンと並べて置きたいだけです。

1011渋谷DUO MUSIC EXCHANGE
FoZZtone 対 竹内電気
間に合わず、竹電を見逃したことが悔やまれます。
FoZZtoneは潔く新曲の嵐で驚いたけれど、
沢山聴けて良かった。アルバム楽しみです

1014渋谷CLUB ASIA
White AshのイベントでDJ
White Ashとは最近出会ったばかりだけど、彼らがとても好き。
不穏なのび太の不穏な演奏格好良かった。
ゲストのJohn's Guerrillaも凄く久し振りに観れた。
短い時間だったけれど、音が凄く分厚くなってとても逞しかった。
刺激受けました。
DJはDead Weather、JAMAICA、ジミヘン、8823、Mirraz等

1015千葉LOOK
ツアー初日。バンドでのライブがこれだけ空くのも珍しい。
しかし生々しさに重きを置いたZOOMANITYを伝えるには、
当然生が一番。言うなれば気合と愛で、臨みました。
そうそうLOOK斉藤店長氏から巨大ポスターを頂戴しました。
これLOOK名物だそうです。
全国各地ツアー先でもどんと貼るつもりですので、見つけてください

1016横浜CLUB LIZARD
ライブハウスの性質上、物凄い湿気と熱に覆われながらのライブ。
でも革ジャケット。石井ベレー帽。なべちゃんは、上裸だけど。
いくつかのトラブルにも見舞われましたが、
それでかえって何倍も勢いがついて燃え上がった。
まさかの2回目のHuman Licenseの光景、気持ち良かった

1017水戸LIGHT HOUSE
TOP OF THE FUCK'N WORLDのイントロが聴こえると、
もう自動的に高揚してしまう体になってしまった。
Mirrazまた必ず対バンしたい。
ライトハウスで二階も開けて貰って演ったのは初めて。
進化した自負がある分、もっともっといける、
いかねばならないよな、と、明白に感じた。
愛ある激励を頂きつつ、百鬼夜行は北へ向かいます。

1019渋谷SPACE SHOWER TV THE DINER
ACOUSTIC ZOOMANITYとしては、ファイナル
とても濃い時間が過ごせました。
東京では弾き語り何本かやってるけど、
短いながら曽根さんと(そしてスタッフチームと)作ってきた形が
この日しっかり結実したように思っています。
カバーは"東京"
名古屋でも大阪でもカバーに対する思いはいろいろあって、
説明し過ぎるのはいやだけれど、どれも気持ちを込めて歌った。
それにしても史上最も言葉を発したライブだったかもしれない。
特に曽根さんが、です。
緊張感と安堵感がない交ぜの中、また演りたいと思える夜でした

ACOUSTIC ZOOMANITYはどれも慣れない空間でのライブだったから、
聴いてくれた人ももしかしたら緊張してたかも知れない、
真摯に聴いてくれて光栄です。またどこかで。



スピッツのことをMUSICAという雑誌に書く機会を貰いました、今は
愛はコンビニでも買えるけれど もう少し探そうよ
という歌詞が耳に飛び込んできたその時の衝撃を思い出してる。


ライブが連続していると、色々感じ、色々思います。例えば
おかしい、と思うことは、おかしい、と言うべきだけれど
おかしい、を共有するのは本当に難しい
愉快なことのおかしさも、違和感についてのおかしさも。
音楽はその共有の可能性を広げてくれるかもしれないし、
狭めてしまうかもしれない。

僕は広がる可能性の方に、今を賭したいと思う。
単純な思考回路でいくと、つまり笑って居たいからです。
Tour ZOOMANITYは始まったばかり、ライブハウスで待ってます

次はオーミ君が撮ってくれたライブの写真、載せますね

佐々木亮介
[PR]
# by afoc_ex | 2010-10-22 02:26


excite.musicmall

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。