メンバー全員1986年生まれ。2006年
a flood of circle結成。

バンド結成の翌2007年に早くも1stミニアルバム「a flood of circle」をイン ディーズ・リリース、弱冠ハタチ(当時)とは思えないその音楽観と卓越したラ イブパフォーマンスに注目が集まり、FUJI ROCK FESTIVAL'07に出演。 2008年には2ndミニアルバム「泥水のメロディー」を、さらに3ヶ月連続でライブ 音源をリリースしてシーンに頭角を現し、年末のCOUNTDOWN JAPAN 08/09に出演 を果たす。

2009年1月、初のワンマンライブを新宿ロフトで行いソールドアウト、3月には インディーズラストシングルがTOWER RECORDSインディーズチャート1位、レコ チョクロックうたで1位&2位を獲得し、ロックファンの脚光を浴びる。 同年4月、1st Full Album『BUFFALO SOUL』をSpeedstarからリリース。全国ツ アーを各地で満杯にする中、7月12日の代官山UNITツアーファイナル直前にギタ リストが失踪するも、バンドは入魂のパフォーマンスを披露し、つづくFUJI ROCK FESTIVAL'09、ROCK IN JAPAN FES. 2009のステージも大絶賛を受ける。10 月、東名阪クアトロでの自主ライブ企画開催と同時に失踪したメンバーの脱退を 正式発表し、新たなスタートを切った。

2nd Album
『PARADOX PARADE』

Speedstar Records
VICL-63477
¥2,500(tax in)
2009/11/18

1.博士の異常な愛情
2.Paradox
3.Ghost
4.アンドロメダ
5.月に吠える
6.-session #3-
7.Forest Walker
8.噂の火
9.Flashlight & Flashback
10.水の泡
11.プリズム

◇Guitar by
M-1,3,10 奥村 大(wash?)
M-7,8 菅波栄純
(THE BACK HORN)
M-4,11 竹尾典明
(FoZZtone)
M-2,9 安高拓郎
(椿屋四重奏)
<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Dirt Road Blues
・3月23日 ZEPP東京
ボブ・ディラン。5列目、ライブハウスで観るボブ・ディラン。奇跡の体験をしてしまったと思う
何か月かしたらまた嘘のように感じてしまいそうだけど、確かにボブ・ディランが目の前で歌っていた。It's All Over Now, Baby Blueのブルースハープを僕は忘れない。
・3月28日 下北沢CLUB251
猿犬。wash?、音でかいです。大さんが台風38号前に「春の嵐です」と呟いていたり、南波さんが相変わらず切れていたり、何より曲がやっぱり目茶苦茶良くて、とても楽しかったです。頭のTwilightから既に最高だったなあ
打ち上げも少し出て、「これから」の話をしました。
・お知らせ。明日THE BACK HORN主催KYO-MEI大会に参加させて頂きます。ここからサポートメンバーに曽根巧さんをお迎えします。2月のライブにも出演して頂いたので、東京では現編成を観てくれた方もいらっしゃると思います。ストーンズマニアな生粋のロックギタリスト曽根さんとの初ライブ。新しい一歩、どーんと踏み出そうと思いますのでよろしくどうぞ
佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-03-31 20:16
Honest With Me
要望を複数頂いたので前回ツアーのBGMにセレクトした曲を載せます、
今更かつ疎覚え
Aqua Boogie (A Psychoalphadiscobetabioaquadoloop)-Parliament/Suger Dumpling-Sam Cooke/Sanfrancisco Blues- Holidays Of Seventeen/Come On(Let The Good Times Roll)-Jimi Hendrix/Flash Light-Parliament/Red Dirt Boogie, Brother-Jesse Ed Davis/Let's Get It On-Marvin Gaye/I Believe In Music-Donny Hathaway/La-La For You-Al Green
/Woman's Got Soul-The Impressions/The Love You Save-Jackson5/Ain't It Funky Now-James Brown /Respect-Otis Redding ato Temptations toka Dr.John mo attakamo...

・3月19日 高知X-pt.
高知初上陸
初めての土地で待っていてくれる人がいるってよく考えると不思議。
もちろん凄く嬉しい事。これからもよろしくどうぞ
FoZZtone兄さん達がいたお陰か、妙に居慣れた感じで過ごしました。
竹尾さんはライブ後に夜釣りに行くと言っていたけど本当に行ったのだろうか。
タフな人です。(BLITZワンマンがとても楽しみです)

・3月20日 広島CAVE-BE
MUSIC CUBEというイベントに参加させて貰いました
広島は今や「日本一石井康崇を可愛がってくれる町」です
この日も盛大にいじくって頂きました。
笑顔で客席に中指を立てた彼の横顔が、満面の笑み過ぎてちょっとこわかった。
ま、お客さんも爆笑していたので、よし。

・3月21日 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
久しぶりにノックを演りました。
出来たばかりの時は、そんなに好きな曲じゃなかった。
全然ライブでやっていなかったら、その頃出会ったオーミくんに、
良い曲なんだからやれ!と怒られたのをよく覚えてます。
19歳の頃 うーんその後の時間が濃密過ぎて遥か昔のよう。
今では大切な曲。この時に演れて良かった。
打ち上げではサティフォさんと斉藤さんとひたすらぐだぐだ呑んでいた。
4月の竹内電気のツアーも楽しみです。



報告があります。
昨年7月の代官山UNITから参加して下さっていた奥村大さんのサポートが、
岡山のライブで一段落という形になりました。
大さんには元々本当に急遽無理を言ってお願いしていたので、
これまで数え切れない程の迷惑をかけてしまいました。wash?の活動にさえも。
思えば感謝しきれないほどの力を貸して頂いた8ヶ月間でした

心から、ありがとうございます

何て書いても言葉が足りない
しかしこういう話をすると大さんは決まって、
そんな事を気にする為に音楽やってんじゃないだろ
と返してくれる。大さんは「男」なので湿っぽくなるのは嫌いな人なのだ
そして優しい人なのだ

岡山で最後にノックを演奏した時、一番最初のUNITのライブを思い出した
あの時も最後はノックだったっけな、と。
おれはあれから強くなったかなあ、一体何を手に入れたのかなあ、とか、
そんな事を考えていたら、真っ白な頭でMCに臨んでしまい、曲の紹介をしながら、
つい大さんに感謝している話をしてしまった。
大さんは最後まで湿っぽくなりたくないんだろうなあ、と思い恐る恐る右を向くと、
大さんはちょっとだけ笑って、
そしてちょっとだけ瞳が潤んでいた。
(これ書いたこと、絶対怒られるなおれ。)

何度でもノックする と歌詞に書いておいて良かった、と思った。
バンドに心を捧げた19の時と、違う意味ではあるけど、今また心から歌える。
大さんから教えて貰った事が山程あるから
ここからまた新しい事に向かって動き始めなくてはならない
聴いてくれていた人たちに事情は関係ないけれど、何か届いていたら良い。

じゃあ、大さん、28日の猿犬観に行きますんで、
いつも通りの馬鹿でかいファズをお願いします
何も終わっていないから、僕もいつも通りロックを続けます。

因みに大さんのブログを読むと涙腺に訴えかけられるので是非読まないように。
今後の我々の動向については次回更新時にまた報告しますね
佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-03-26 02:10
Paradox
3月5日 恵比寿LIQUID ROOM

TOUR “PARADOX PARADE”最終日
素晴らしい一夜になりました photo by h.o-mi
f0177417_125661.jpg
f0177417_12561512.jpg
f0177417_12575587.jpg
f0177417_12562739.jpg
f0177417_12563322.jpg
f0177417_12563961.jpg

言葉は、たった一つの単語ですら、一体何と多面的なんだろう。

「りんご」という言葉がある。
僕が見てきた「りんご」とあなたが見てきた「りんご」は絶対に違う。
仮に今、僕らの目の前に「りんご」が置かれても
目が違うからきっと微妙に違う色を認識する。
そもそも完全に同じ角度から見る事が出来ない。
舌も違うからきっと微妙に違う味を認識する。
そもそも完全に同じ箇所をかじる事が出来ない。
なんとなくとても大雑把にしか、「りんご」を共有出来ない。 
分かり合おうとして説明の言葉を重ねれば重なる程、
今度はその言葉毎に認識の違いがある。違いは増え続ける。
これが形さえも持っていない「こころ」の話になったら、
もうそれはたいへんなことだ。僕は呆然としちゃいます。

完全に共有出来ないのは当然の事なのに、
同時に分かろうとしたり伝えようとしたりする気持ちも自然の事なら
何が出来るんだろうか

こんな当然が、ふと、
昨年夏に僕の目の前に立ちはだかった。
僕はたまたまギターを持って、歌っていた。
戦うには、進むには、音楽しかなかったのです。

もう大分前から過去をライブに持ち出したくないと思っていたんですが、
今アルバム制作の発端がそこにあるのは確か。
むしろツアーでこそ、包み隠さず出そうと考えました。
僕の態度発言何より音楽自体、色んな受け止め方をされたと思います。
我々を結成当初から知っている人も恵比寿で初めて見てくれた人もいたから
笑っている人も泣いている人もいた。
しかし複雑な状況を目の前にして、むしろ清々しい気持ちだった
びびっていてははじまらない
ライブ即ちナマ即ち生、です
5日に我々のリアルを観てもらえたと思います。
僕は今、アルバムのParadoxというキーワードから
永遠の距離と同時に、無限の可能性を感じています。
観てくれた方支えてくれた方に、心から感謝します

PARADOX PARADEという作品は漸く完成に辿りついた実感があります。
だからここからまた新しい事を始める。
同じ所に居続けるロックバンドがいない理由、
いざ自分がバンドを続けていると、これは自然な事なんだなと体感せざるを得ません。
今は猛烈に次のレコーディングが楽しみです
新しいブルースを探しに。また何か決まったら報告させて下さいね。

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-03-08 14:04
You & Me
Tour PARADOX PARADE覚書


・2月14日 新潟CLUB RIVERST
寒がりなのに薄着を好む僕のパラドクスが最大限裏目に出た新潟移動。在り来たりな言い草ですが、しかしライブは熱くなりました。仙台では雪の為運搬が間に合わなかったバックドロップ(ドラムの後ろに掲げてある垂れ幕というか何というかアレ)も初御披露目。寒い中来てくれてありがとうって寒がりだと余計に強く思ってしまいますね。


・2月18日 名古屋CLUB UPSET
ワンマン(我々史上二度目約一年振)。全員我々目当って当然だけど何か凄く楽しいです。東京を除けば最も出演回数の多いライブハウス、だからスタッフの方々もすっかり顔馴染。照明さんとの息もばっちり。mudyワティ(日本酒差入れありがとう)cinema辻君にも会えた。またすぐ会えるだろうと思う。


・2月25日 広島NAMIKI JUNCTION
前夜に牡蠣(今ツアー最旨)を食しエネルギーを蓄えるも、今ツアー最暑会場のとんでもない熱気に体力を使い果たす。控室にあったステージ暑いから気をつけろ的注意書にも納得です。PAオカジさんとローディ峰さんとも密な時間の共有が増え、チーム力強化をひしひし感じます。


・2月26日 福岡GRAF
狭い場所にぎゅうぎゅう詰めだと汗はかくし身動きはとれないがダイレクトにぶつかれるのも確か。機材トラブルは悔しいがその何倍も楽しい要素があった。トラブルから発展した"Buffalo Dance"での会場全体のアワワワと笑顔は脳裏に焼き付けました。Holidays Of Seventeenが遊びに来てくれたのも嬉しい出来事。


・2月28日 大阪FANDANGO
ワンマン。満員御礼でも会場に柵は無し。散々盛り上がっても無事故で済んだのは間違なくあの時フロアにいたあなたのお陰です。甘え合う事とは決して違う有機的空間になっていたと思います。僕はがががーと歌うしか能がないので反って良い物を見せて貰った気さえする。


共演バンドについて
・SCOOBIE DO
生粋のブラックミュージック愛と魂をお持ちの四方。流石相変わらずの壮絶ライブでした。打上げにて、シュウさんが僕の為にオリジナルブルースコンピレーション音源を作って下さるという宣言をなさったのですが、覚えてらっしゃるかは不安な所。
・UNCHAIN
三年前大阪で一方的に出会ってはいたものの、昨年末やっと初対バン。冷静沈着な佇まいとは裏腹な打上げでのスピード感が、音楽同様爽快な方々(特に佐藤さん谷さん)。Stevie Wonder好きな谷川さんといつかブルースセッションしようという話になり、何か具体化出来たら面白そうです。
・DOES
大学一年の時に聴いた"明日は来るのか"のインパクトは今も鮮明に覚えています。僕とワタルさんの顔が似ている事の是非はともかく、音も人柄も骨太な方々ですから打上げも勿論飲んだくれました。やれやれやれやれ。
・僕は3バンドともブルースやブルースロックの血が流れていらっしゃると、勝手に解釈しています。だからまたすぐどこかでお会い出来ると思います。


・さて次はいよいよファイナル東京LIQUID ROOM
節目としてPARADOX PARADEをここで完結させる。
ぶちかまします。それだけ。
恵比寿で待ってますよろしくどうぞ

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-03-03 11:18


excite.musicmall

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。