メンバー全員1986年生まれ。2006年
a flood of circle結成。

バンド結成の翌2007年に早くも1stミニアルバム「a flood of circle」をイン ディーズ・リリース、弱冠ハタチ(当時)とは思えないその音楽観と卓越したラ イブパフォーマンスに注目が集まり、FUJI ROCK FESTIVAL'07に出演。 2008年には2ndミニアルバム「泥水のメロディー」を、さらに3ヶ月連続でライブ 音源をリリースしてシーンに頭角を現し、年末のCOUNTDOWN JAPAN 08/09に出演 を果たす。

2009年1月、初のワンマンライブを新宿ロフトで行いソールドアウト、3月には インディーズラストシングルがTOWER RECORDSインディーズチャート1位、レコ チョクロックうたで1位&2位を獲得し、ロックファンの脚光を浴びる。 同年4月、1st Full Album『BUFFALO SOUL』をSpeedstarからリリース。全国ツ アーを各地で満杯にする中、7月12日の代官山UNITツアーファイナル直前にギタ リストが失踪するも、バンドは入魂のパフォーマンスを披露し、つづくFUJI ROCK FESTIVAL'09、ROCK IN JAPAN FES. 2009のステージも大絶賛を受ける。10 月、東名阪クアトロでの自主ライブ企画開催と同時に失踪したメンバーの脱退を 正式発表し、新たなスタートを切った。

2nd Album
『PARADOX PARADE』

Speedstar Records
VICL-63477
¥2,500(tax in)
2009/11/18

1.博士の異常な愛情
2.Paradox
3.Ghost
4.アンドロメダ
5.月に吠える
6.-session #3-
7.Forest Walker
8.噂の火
9.Flashlight & Flashback
10.水の泡
11.プリズム

◇Guitar by
M-1,3,10 奥村 大(wash?)
M-7,8 菅波栄純
(THE BACK HORN)
M-4,11 竹尾典明
(FoZZtone)
M-2,9 安高拓郎
(椿屋四重奏)
<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
NECESSARY EVIL
ながーいぜ


・11月15日 下北沢440 shimokita roundup 2

「LUNKHEADユニット」にゲストとして出演させて頂きました。
一週間程前に小高さんから連絡が来た時は凄く嬉しかったです
壮さんがニールヤングを演ろうと言っていたので、
僕は"Heart Of Gold"を提案し、
更に小高さんが我々の新作から"月に吠える"を選んでくれて、
2曲歌ってきました。ウイスキーを呑みながら。
小高さんと歌ったり壮さんのボーカルが聴けたり、楽しかった。
リハーサルの短さを思うと改めて先輩ミュージシャン方の偉大さが身に染みる。
勉強になりました。

ライブ後、Rooftopの取材を受ける。
大さんと竹尾さんとの、対談という名の呑み会。もとい呑みながらの対談。
編集長椎名さんを交え、面白い内容でした。記事が楽しみ。
そしてその場でwash?"love me"試聴会。
名盤です


・11月16日 新宿Loft Bar

さりげなくライブ。7曲。
打ち上げ中だったバンドの皆さんお邪魔しました。


・11月17日 阿佐ヶ谷Loft A

今年最後のソロ弾き語り。予想通りの雨。恒例化してきたカバーは
エレファントカシマシ「風に吹かれて」と
ウルフルズ「口ぐせ」 勇気出して2曲。
後者はア・カペラ的な曲なので相当に自分解釈で演奏しました。
意外とシックリきた。曲が(詞も)良いということでしょうね

今年は弾き語りからも学んだ事が多くある。
最近は一緒に演りたい人を呼んでライブしてみたいと思い、
また頭の中に楽しみの種が植わった感じ。続きは来年。

1月に大御所の御二方と御一緒させて頂くことになりました。
DAISY BARにて。今から緊張する。まじで。


・11月21日 恵比寿LIQUIDROOM

MUSIC B.B.のお祭りに呼んで頂きました。
新しいギターで演奏した。以前ここで触れたテレキャスタイプのやつ
まず目茶苦茶軽い。セミホロウかなって思うくらい。生でも鳴る。
で現状ピックアップがリアしか生きてないのに、音は逞しい。
メインのフェンダーより腰を落としている感じ。
楽器にはそれぞれ長短があるものだと思うから(問題は比率)、
同じフォルムでも全然違う役割を持っている。面白い。
ギターをくださったえのもと先生と直して下さった大さんに、
心から感謝です。
大さんのヴィンテージ・ギターと相性も良く、今後各地持っていきます。
新しい楽器って、わくわくするなあ。


・11月26日 名古屋CLUB UPSET

ミイラズのツアーにお呼ばれ。2009年いろいろあった同士。
対バンが楽しみだったので柏は残念だったんですが
名古屋盛り上がってましたね、熱かった。
我々はサポートにSHUNSUKEさんを迎えて臨みました。
攻めました。"水の泡"初披露。
久々の"エレクトリックストーン"。
ジェットとも再会。いつぶりかわからないくらい、久々の対バン。
相変わらずの人柄だったし、To Youが聴けて嬉しかった。


・11月27日 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE

ミイラズのツアーにお呼ばれ2。2010年いろいろ企んでる同士。たぶん。
大阪はYUEYと。格好良かった、最後の曲が印象的でした 千葉でまた。

ハタケヤマさんは前お会いした時よりも
更に研ぎ澄まされている感じがした。
次が決まってないけどまた対バンしたいです。
ジャケットお揃いだし。


・11月28日 
渋谷C.C.レモンホールでLUNKHEADを観て、
下北沢ガレージで水野さん率いるEdBUSを観る。
濃い夜だった


さて12月2日は新代田FEVERにてPARADOX NIGHT!
まってますよ。ぶちかましますよ。ぜひぜひぜひ。

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2009-11-30 03:53
入場料八八〇円 ドリンクつき
写真で振り返る
11月21日 恵比寿リキッドルーム
の模様。

文章は次回分で。
photo by h.o-mi

f0177417_351714.jpg
f0177417_3511281.jpg
f0177417_3512020.jpg
f0177417_3512617.jpg
f0177417_3513210.jpg
f0177417_3513832.jpg
f0177417_3514584.jpg


佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2009-11-30 03:53
PARADOX PARADE
"PARADOX PARADE"
リリースしました。
我々に手を貸してくれた全ての方々に感謝致します。

あなたに伝えたいことは全てアルバムに収まっているし、
作品を形容すべきと思った事は雑誌ラジオTVで発言したので、
ここでは僕の個人的な思い入れを記します。


2枚目のアルバムを7ヶ月振りに出す、これだけを見ると早く感じるけれど
来るべきタイミングだと僕は思っていて、
店頭に並んでいるジャケットを眺めていたらとても運命的に感じた。
僕は結構ロマンチシズム的なものを大事にする性分なのかもしれない。


岡庭がいなくなったことは本当にショックだった。何も感じないなんて無理だ
しかし勿論僕の生活は続くし、僕の音楽は僕の意思だから、
そのことでバンドのアイデンティティーが試されている気もした。
結果a flood of circleは止まらなかった
だからその意思表示としてアルバムは必須だと思った。
メンバーの不在がアルバムという形式を決定付けるなんて
皮肉、不幸中の幸い、瓢箪から駒。なんでもいいけど、とにかく3人は前進した。


その為なのか、日頃の生活の中で気持ちが動く事物に共通して
「パラドクス」というキーワードがあった

僕は僕の中にあるパラドクスを認め世界に蔓延するパラドクス(の一部)を感じ
それを愛しくも悲しくも思っていて結果それまたパラドクス。
肝心なことにはいつもあと少しで届かない。
メビウスの輪のように、表裏を決めさせてくれない。
正義や正解は客観的事実じゃなくて
いつも僕の気持ちとあなたの気持ちと世界との折り合いの中にいる
ああ なんてめんどくさい。
そして好きでも嫌でもよぎるそれらが、いくつも目の前に横たわってる。

その中で僕は、それを音楽として表す事を選んだ。
パラドクスを抱き抱えたままパレードを続けていく ということ。
雨が降ろうと槍が降ろうと
楽隊はそれぞれの思いと音楽を抱き抱えたまま行進をしなくてはならないと思った
実行できるのは完全にメンバーと支えてくれる方々のお陰です。

音楽的には
(形としての)ブルースを2009年型にアップデートすること
2009年的にアップデートされた発想からブルースを創ること
を考えていた。挑戦。
ブルースは生活の中からの発見を愛を悲しみを歌う音楽だと思う。
録音の技術が進んでレコードとして記録できるようになった頃にブルースがあった事実
巨大な何かが伝えようとした、残そうとした、運命的な事件。と思ってる。
それは幹になって100年の歴史にロックだなんだといろんな名前の枝をつけてきた。
その歴史が素晴らしいと思うし、我々の方法や性格にぴったりきている気がしてる。
今僕は末端の、最新の、葉でありたい。瑞々しいやつ。


だからこそ今を生きていないと出来ないと信じる発想と手段をもって、創った。
なぜなら僕は結構ロマンチシズム的なものを云々云々


でも最近はもう自分のパラドクスにうんざりしないように
ルールを課さないというルール を僕は僕に課したいと思っている。

あれ?パラドクスは今も僕の目の前でパレード中


あなたに聴いて貰えたら万々歳、です
散々書いて何ですが
一番大事なのは理屈より頭や身体や第六感が、本能が、楽しいと感じるか、
気に入ってくれたら是非ライブでお会いしましょう。
パレードするなら楽しい方がいいもの。
よろしくどうぞ。

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2009-11-20 00:23
Heart Of Gold
・下北沢CLUB QUE shimokita roundup 2

雑誌Quipのイベント、ラウンドアップに今年も出演させて貰いました。
QUEでトリを務めさせて頂く、僭越なような光栄なような
僕らは結成してしばらく「下北沢を中心に活動」と触れ込んでいたんですが
3年11ヶ月やって来て初のQUE出演。素敵な場所です。
ラウンドアップはとても「シモキタ感」あふれるイベントですね。
幾つかバンドを観て、「ほん吉」で本を買って、満喫しました。
我々を選んで下さった方々、ありがとうございます
そうそう、バッジはあたりましたか。
あたってがっかりしても道端には捨てないでとは石井の言。

打ち上げでポッグカウチナゲットと久々に話が出来た。
結成初期から知り合いなのでお互い色々あったなーと思いつつ
やっぱり前進しているからまたそのうち会えるだろうなと思いつつ。

2次会はこの日ワンマン後のNOVEMBERSと合流して呑んだ。
でも人が多くてあまり話せず。ワンマンいきたかったなあ。

そして凄く今更なんですが
個人的に今日もほんの少しラウンドアップに参加します。
18:50からのLUNKHEADユニットにお呼ばれしたので、人生初客演。
何曲か小高さん、壮さんと一緒に歌いますので時間と興味のある方はぜひ。
カジノ持っていきます。

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2009-11-15 14:24
調和の神秘的源泉
・11月7日 柏ALIVE

RUDIES KASHIWA2周年イベントということで(おめでとうございます)
RUDE GALLERYに推して頂く形で出演(ありがとうございます)

HOWL氏DJの際新曲「Paradox」かけてくれました。さりげなく初披露。
ロシナンテを1曲目に演奏した。この日には好くしっくり来ていた。
過剰な形式やルールを作りたくない、決して冗長さを自由と履き違えたくない
と思った。
ライブを演ると多くのことが頭を駆け巡る ライブが楽しい程、尚更
Mirrazが出れなかったのは残念ですが、月末のMirrazツアーが楽しみです。

HOWL氏は12月2日PARADOX NIGHTでもプレイしてくれます。
近頃誌面でも普段でもRUDE GALLERY着用の日々


・11月8日 高崎club FLEEZ

ココロノサケビというイベント。FMぐんまはこの日初めてお世話になり、
我々はFLEEEZ店長氏に推して頂いて出演(ありがとうございます)

対バンは気心の通じている方々だった為楽屋で笑いが絶えなかった。
斉藤さんと一緒に、新井さんの「スウィープ」を伝授して貰う。
(ギターを速く弾くテクニックのひとつで、ヤングギター読者はぴんと来るやつ)
斉藤さんはかなり良い線いってる、とは新井先生の御言葉。
で僕はぜんぜん出来ない。練習練習

うたものロックバンドのイベント と触込みがありましたが、
それ以上の熱量ある夜だったと思います。

最近MCもがんばるリズム隊の本来の姿
f0177417_11271877.jpg
f0177417_1127277.jpg
photo by h.o-mi

柏の皆さん、高崎の皆さんに感謝します

・次は下北ラウンドアップ
QUEで14日のトリを務めさせて貰います。
FoZZtoneは勿論、TOMOVSKYさん凄く観たいんですけど
トリの責務を全うすべく、そしてそれ以上にぶっとばそうかなと。
あとラウンドアップ名物?ガチャガチャやるところんと出てくるアレ、
の我々のグッズに是非注目して頂きたいなと。
個人的に15日も楽しみ。またお報せします


間に何冊か挟み随分時間をかけて「ムーン・パレス」読了しました
エフィングという人物が凄く魅力的
佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2009-11-12 11:38
現代狂詩曲
連発連投

・10月30日 札幌Sound Lab mole

久々の札幌。冬への変わり目、すんんんんんんーごくさむい。
グラデーション的変化でなくがらっと気温が下がる感じ。苦手
ライブまで時間があり、ありがたいことに諸々取材を7本受けさせて頂く
普段の数倍の言葉を口にした気がする。疲れるとも言い得るけど面白かった。
ボキャブラリーの豊かさも大切だけど
肝心なことを言い当てることはもっと大切(かつ難儀)
その間に僕以外の3人は海の幸的な魚介的なスシ的なものを食したらしい。
くやしい。
モールは個性的な音の鳴り方があるように思います、もっと乗りこなしたい。
地元のバンドさん達も熱く、刺激になりました。また是非
寒い中遊びに来てくれて云々書こうかと思いましたが
札幌の皆さんはやはり慣れっこなのでしょうか


・10月31日  苗場スキー場の駐車場
フジロックフェスティバルにあるボードウォークのお祭りに参加。
苗場食堂のあたり、キャンパーの皆さんの前で演奏。
佐々木石井渡邊3人で9曲。秋に野外は寒さとの戦いもありつつ。
「月に吠える」はいつも弾き語りで演る曲ですが初バンド演奏しました。
なかなか体験出来ない、とても澄んだ空気の中で歌いました
佐藤タイジさん、EL SKUNK DI YAWDIEさんが共演で、
秋の夕べにぴったりの演奏でした。 僕はまだまだ、です
ホットラムが身体に染みた 


我々のライブを観てくださった皆さん、ありがとうございます。

オマケ
そこからは忙しく仕事の日々でしたが合間に衝動買い
これ  重い厚い持ち歩けないの三重苦
そして本棚における存在感が凄い というか怖い
f0177417_22215989.jpg
けど物凄くおもしろい。今一番夢中。
去年のジャコメッリ写真集程ではないけど大物買い
出会いとは恐るべし。恐るべし神保町古書祭。


ではジョギングしてきます 
佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2009-11-06 22:58
自由に至る旅
改めまして
・10月27日 渋谷CLUB QUATTRO

“WGO Tour '09”最終日。QUATTROには思い出が色々ある為、
(ブッチャーズ、イーブンス、ブラインドビースト、ナツメン、、、)
自身の冠を掲げてイベントが出来たことを光栄に思いました
しかも豪華共演陣。

ランクヘッドは今回東名阪3公演皆勤でお世話になりました。
この日もとても熱いライブ。
真直ぐかつ情熱的でライブバンドらしさを見せつけられました。
小高さんの声はでかい。何ヘルツとかいう話ではなく、耳に飛び込んでくる。
終わってから小高さんに喉の管理とかお勧めの漫画とか教わりました。
ギターのヘッドに田淵ひさ子さんのサインがあって、自慢されました。
素敵な話。

トライセラトップスはもう僕が小学生の頃からCDテレビラジオ雑誌、
あらゆる所でその名と音楽を見聴きしてきた雲の上の存在のバンドです。
タワーレコードのイベントで初めてお会いし、そのご縁からお誘いしました。
キラーチューン連発で流石の貫禄、最高でした。
どの曲も一緒に歌えるって凄い
真似出来ないオリジナリティ。真似出来ないことをやるってことを真似したい
しかも御三方はとても気さく。

我々はいつもより長い演奏時間に対し楽しみと挑戦を用意、程良い緊張感。
僕自身WGOを楽しむ気だったので、笑顔が沢山見れて嬉しかった。
予告していた「仕掛け」の正体はスペシャルゲスト、
竹尾典明fromFoZZtone!
レスポールを手に散々暴れ颯爽と帰ってゆかれました。「アンドロメダ」初披露
最後は「象のブルース」。
シャッフルビートの時ってフロアの揺れ方が独特で面白い
僕が自由に演りたいってことはつまり
自由に聴いてほしい・踊ってほしいってことでもあります。本当にありがとう
WGO次回に乞うご期待。

打ち上げは気付けば色んなバンドマンが増え混沌を極めた。


気持ちがひとつ整理され朝方僕は何となく次にすべきことを想像し始めた

佐々木亮介


(WGO各会場共通BGM)
サム&デイブ/Soul Man
エディーフロイド/Knock On Wood
ボビーウーマック/That's The Way I Feel About Cha
イルマトーマス/Ruler Of My Heart
ブルックベントン/雨のジョージア
ジョーテックス/Hold What You've Got
バーバラルイス/Hello Stranger
ソロモンバーク/If You Need Me
クラレンスカーター/河の娘パッチェス
フォンテラベース/Rescue Me
ブレントンウッド/Gimme A Little Sign
ルーファストーマス/犬も歩けば
タイロンデイヴィス/Turn Back The Hand Of Time
カーラトーマス/B.A.B.Y.
ジミーカストルパンチ/Trojlodyte
アルウィルソン/The Snake
[PR]
by afoc_ex | 2009-11-06 22:46
Mad Man Blues
写真で観る(振り返る)091027WGO/渋谷CLUB QUATTRO

不慮の事態で遅くなりましたが一先ず、
オーミ君による写真で思い出す秋の良き日。

・感慨深い
f0177417_321793.jpg

・勢揃い
f0177417_322227.jpg

・照明沢山並んで気持ちが良い
f0177417_3222139.jpg

・穴の配列は団子の兄弟ではなく水金地火木云々のイメージだそうです
f0177417_3223616.jpg

・どつきあい
f0177417_3224932.jpg

・FoZZtone竹尾兄貴がスペシャルゲスト
f0177417_3242156.jpg

・並んだり
f0177417_32436100.jpg

・歌ったり  ありがとうございます
f0177417_3244630.jpg

・コールアンドレスポンスで耳に手を当てるポーズをする(良い意味で)短絡的な我々
f0177417_3245737.jpg

・最高の夜でした そしてWGOは続く。また会いましょう
f0177417_325742.jpg


詳しくはまた文章を、レポートを、書きます。

とりあえず次の祭は12月2日FEVERにてゲストVOLA & THE ORIENTAL MACHINE!
その名も「PARADOX NIGHT」 ニューアルバムの誕生を祝ってくださる方是非お集まり下さい。
それと、今月は弾き語りもします。何を歌おうかな

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2009-11-05 03:42


excite.musicmall

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。