メンバー全員1986年生まれ。2006年
a flood of circle結成。

バンド結成の翌2007年に早くも1stミニアルバム「a flood of circle」をイン ディーズ・リリース、弱冠ハタチ(当時)とは思えないその音楽観と卓越したラ イブパフォーマンスに注目が集まり、FUJI ROCK FESTIVAL'07に出演。 2008年には2ndミニアルバム「泥水のメロディー」を、さらに3ヶ月連続でライブ 音源をリリースしてシーンに頭角を現し、年末のCOUNTDOWN JAPAN 08/09に出演 を果たす。

2009年1月、初のワンマンライブを新宿ロフトで行いソールドアウト、3月には インディーズラストシングルがTOWER RECORDSインディーズチャート1位、レコ チョクロックうたで1位&2位を獲得し、ロックファンの脚光を浴びる。 同年4月、1st Full Album『BUFFALO SOUL』をSpeedstarからリリース。全国ツ アーを各地で満杯にする中、7月12日の代官山UNITツアーファイナル直前にギタ リストが失踪するも、バンドは入魂のパフォーマンスを披露し、つづくFUJI ROCK FESTIVAL'09、ROCK IN JAPAN FES. 2009のステージも大絶賛を受ける。10 月、東名阪クアトロでの自主ライブ企画開催と同時に失踪したメンバーの脱退を 正式発表し、新たなスタートを切った。

2nd Album
『PARADOX PARADE』

Speedstar Records
VICL-63477
¥2,500(tax in)
2009/11/18

1.博士の異常な愛情
2.Paradox
3.Ghost
4.アンドロメダ
5.月に吠える
6.-session #3-
7.Forest Walker
8.噂の火
9.Flashlight & Flashback
10.水の泡
11.プリズム

◇Guitar by
M-1,3,10 奥村 大(wash?)
M-7,8 菅波栄純
(THE BACK HORN)
M-4,11 竹尾典明
(FoZZtone)
M-2,9 安高拓郎
(椿屋四重奏)
<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
そして君が作るんだ
ご無沙汰になってしまいましたライブレポート
ばたばたしております。が止めないと決めたからには、ここも。
近い所から順に振り返ります


・フジロックフェスティバル09
なんて素敵な空間だろう。2年前にもそう思ったし、今回も山と森と雨と泥とライブを見てそう思いました
心から感謝と喜びと緊張がない交ぜになって、僕の体に漲っていました
朝一のRed Marqueeで僕らを観てくださった(≒一緒に遊んでくださった)皆さんありがとうございます
快晴。燦々と。
音がどこまでも広がって行くかのようで気持ち良く、
裏を返せば逃げて行ってしまうからぐっと掴まえていなくてはならない。
野外のライブは難しい。そして面白い。
一音楽ファンとしても本当に素敵なステージを沢山観ることが出来ました
書ききれないけれど、個人的にはTortoise!
音楽はとっても自由なもの。と頭より皮膚で感じました。
そして一ミュージシャンとしてリベンジしたいことも山程。また苗場に帰ってこよう、と胸に誓いを立てました


・阿佐ヶ谷 弾き語り
月イチペースでひっそりと着実に行っている弾き語り。大先輩の御3方とご一緒させて頂きました
高畠さん、SEIKIさん、中尾さん。
確かなものが核にあって、それに基づいて振り切れている方々の歌は、逞しく強い。格好良い。
未熟者としては大変勉強になる時間に恵まれました。
これをまた次に繋げて、僕は僕自身を鍛え上げたい。良い歌を歌いたい。
次回は8/20渋谷LUSHで演らせて貰います(麺王のイベント!)


・モーニングリバーサミット09
大阪城野外音楽堂。昼からのイベント、気持ちよく晴れて、そして暑かったなあ。
でも客席の皆さんは炎天下で長時間、もっと暑かったでしょうね。
その意気に負けぬよう暑苦しく演奏しました。
なべちゃん作の新曲もどんどん馴染んでくる実感があります
UNISON(攻めのライブでとても格好良かったです)しか知り合いがいなかったんですが、ずっと良いバンド目白押しのイベントで楽しかった
時には昼間のライブも良い物ですね  発汗量半端じゃなかったけど。


・「シモキタン・ラリアット」
ダイノジさんのイベントに呼んで頂きました。お世話になっております。
毎回どのイベントも本当にバイタリティーを感じる内容で、凄まじいです。
継続していくことはきっと困難の多いことでしょうけども、ダイノジのお二人はいつお会いしてもガハハと笑って迎えて下さいます。その笑い声を聞くと、こちらにも気合が入るのです。
深夜の濃厚な対バン。FoZZtone兄貴達は勿論のこと、鶴もズクナシも学生時代から知っていたバンドだったので不思議な感慨もありつつ、DJブースやステージ袖からライブを楽しみました。
ただ翌日大阪だったので、ゆっくりいれなかったことが残念。


・BUFFALO SOUL TOURを終えて
前回のブログからツアー途中で更新が滞ったこと、このブログを楽しみにして下さる皆さんに申し訳なく思っています。
ごめんなさい。目まぐるしい今を咀嚼する為に、時間がかかってしまったのです。

長野、新潟、稲毛で僕らのツアーに参加してくれたバンドと、これを楽しんでくれた皆さんに心から感謝してます。お蔭様で本当に素晴らしい夜になったこと、間違いのない事実です
、と、まとめて書くと乱暴なようですが、本当にひとつひとつその場で起こることを、大切にやってきました。
ツアーファイナルの代官山も、そう。

今僕に出来ることを探し続けること、目の前で起こる事象から目を逸らさないこと、その時感情が生まれたらそれを音楽に投影して吐き出すこと。
青臭かろうが愚直だろうが、それがa flood of circleの現在地であることは、確か。
BUFFALO SOUL TOURがどう次の僕らに繋がるのか、これから次第に形になると思います。
どうあっても今は転がって生きたい。
進む道を選ぶのはいつも自分、自由と責任と喜びと悲しみを飲み込んでそれでもいかなくちゃ

心配かけてごめんなさい 応援をありがとうございます 肝心なこと言う時はいつもその二つになってしまうな


次はジャパンフェスティバル!お祭りですね。フジに続いて呑みたいと思います。

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2009-07-27 21:51


excite.musicmall

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。