メンバー全員1986年生まれ。2006年
a flood of circle結成。

バンド結成の翌2007年に早くも1stミニアルバム「a flood of circle」をイン ディーズ・リリース、弱冠ハタチ(当時)とは思えないその音楽観と卓越したラ イブパフォーマンスに注目が集まり、FUJI ROCK FESTIVAL'07に出演。 2008年には2ndミニアルバム「泥水のメロディー」を、さらに3ヶ月連続でライブ 音源をリリースしてシーンに頭角を現し、年末のCOUNTDOWN JAPAN 08/09に出演 を果たす。

2009年1月、初のワンマンライブを新宿ロフトで行いソールドアウト、3月には インディーズラストシングルがTOWER RECORDSインディーズチャート1位、レコ チョクロックうたで1位&2位を獲得し、ロックファンの脚光を浴びる。 同年4月、1st Full Album『BUFFALO SOUL』をSpeedstarからリリース。全国ツ アーを各地で満杯にする中、7月12日の代官山UNITツアーファイナル直前にギタ リストが失踪するも、バンドは入魂のパフォーマンスを披露し、つづくFUJI ROCK FESTIVAL'09、ROCK IN JAPAN FES. 2009のステージも大絶賛を受ける。10 月、東名阪クアトロでの自主ライブ企画開催と同時に失踪したメンバーの脱退を 正式発表し、新たなスタートを切った。

2nd Album
『PARADOX PARADE』

Speedstar Records
VICL-63477
¥2,500(tax in)
2009/11/18

1.博士の異常な愛情
2.Paradox
3.Ghost
4.アンドロメダ
5.月に吠える
6.-session #3-
7.Forest Walker
8.噂の火
9.Flashlight & Flashback
10.水の泡
11.プリズム

◇Guitar by
M-1,3,10 奥村 大(wash?)
M-7,8 菅波栄純
(THE BACK HORN)
M-4,11 竹尾典明
(FoZZtone)
M-2,9 安高拓郎
(椿屋四重奏)
カテゴリ:未分類( 122 )
Blues Never Die
突然ですが、afoc's LIVE REPORT一旦休みます。

しばらく書かなかった書けなかったから、
その分を楽しみに思ってくれていた人には申し訳ないけれど。


かと言ってblogで物を書く事を止めるという訳では無く
今度からはofficial blogの方で続けて行くつもり。

テーマや括りが無い分自由だし、変わらずライブについても書ける。
メンバー二人はtwitterを活用しているけれど、
僕は性に合っていない気がするから、やらない。

という訳でblogを一本化することにしました。



激しく騒がしく喧しく時間が過ぎて行った分、
ここにも色んな気持ちが刻まれている気がする
読み返した事ないけど。
変わった僕も変われない僕もそこにいる。

その時の気持ちは大概、それが過去になってからじゃないと掴めない。
過去になってなお掴めないものさえある。
だから時々言葉にして記すのは止めないでおこうと思う。

今年も今までの一年より更に時間のない一年になると思うけど
(変な日本語だけれど仕方ない)
でも書きたいから、気が向いたら読んでください よろしくどうぞ



1日は365回あるけど
1週間は52回だし
1ヶ月は12回しかない。
もう2月が来るね。


とかいう話を友人にしたら
そんな事考えてると早く死んじゃうぞ、と言われてしまった。




俺は  (まだ)
死なん。


俺にやれることをやりたいだけなんだ。

不屈 佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2011-01-26 15:54
無題
僕は今、前を向いている。

無神経でがさつで目の粗い僕のポジティブさは、
先天的なようでいて、実は最近はっきりと自覚したものだ。


僕のごく身近な大切な人が、最近この世を去ってしまった。

床に伏したその人から最後にもらった言葉が、今僕を動かしている。
下に向きかけた僕の顎を、ぐいと持ち上げている。

最後にその人と会話したのはツアー中で、僕は苦しんでいる時だった
(バンドに関する苦しみではなくて、
もっと個人的な未来への漠然とした不安についての苦しさだった)。

残された体力では、長い会話は出来なかった。
けれど、その人は少ない言葉から多くを察してくれて、
「亮介、体に気を付けて、明日もがんばれ」
と小さく、でも力強い言葉を僕に投げかけた。

体が蝕まれて自分の明日のことさえ考える余裕がないかも知れないのに、
僕のために搾り出してくれた言葉。

思い出話だって沢山あるけど、今お前の明日のこと考えろ、と言われたのだ。

それからは、その言葉が、僕の中で息をしている。
その人がこの世界からいなくなっても、息をしている。

だから僕は今、前を向いている。


僕はもう「体に気をつけて明日もがんばる」他ないのです。
大切な人を亡くしても、明日は来てしまうし
かなしくても、ちゃんと毎日腹が減るわけです。




公式発表の通り、a flood of circleのメンバーが変わりました。
石井康崇から、HISAYOへ。
明日のライブが、今のバンド編成では最初の動きになります。


石井の脱退が事後報告になってしまったことで、
その唐突さが誰かのショックを過剰に膨らませてしまったかも知れません
事実、別れを言いたかった、知ってから最後のステージを見たかった、
と何人かの方に言われました。
でも、あえてステージで別れを言わずやり切った石井のライブに対する気持ちと決意を、
分かってくれとは言わないけれど、少しだけ想像して頂けたら幸いです。

石井は元気でやってます。新しいこと、彼はもう始めてます。
石井の新しいことが、実を結ぶ日が楽しみです。
綺麗事じゃなくて、もちろんケンカでもなくて、
もっと単純な、勝負みたいな気でいます。
僕は僕の意志でバンドの存続を決めたわけだから。
僕は僕で実を付けたい。



HISAYOさんは、僕らの気持ちを汲んでくれて、
とてつもなく熱い心意気でバンド加入を決めてくれました。

ここから新しいものを作り上げていくための大きな武器であり、頼もしい味方です。
一から音を組み立てるわけだから凄く難しいけど、
やっぱり情熱を持ってロックンロールすることは、とても楽しい。

僕はなべちゃんとHISAYOさん、サポートの曽根さんに
バンド・マンとして全開で全幅の信頼を置いている。




そんなわけで非常に個人的な事情の為に、
(いや個人的じゃないロックンロールなんて無いと思うんだけれども)
俺は明日の為に、今日を全力でロックンロールすることに決めた。
俺はばかで本当によかった、何も後ろめたくないもん、恥ずかしいことだらけでも、
取り繕わない。周りが見えても見えなくても、できることがひとつしかない。

明日、
お前ここからだろうって背中押してくれる人も、
変化を見るのが怖いけど意を決して観てくれる人も、
興味ないけど観る人も、

全員笑わして帰す。それが目標。いや面白い話の用意なんてのはないんだけれど、
ロックンロールだけはちゃんとある。
以上。よろしくどうぞ

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-12-24 04:28
ロッキンソーダ
11月6日福岡DRUM SON
Tour ZOOMANITYワンマンシリーズ初日

この日からRUDE GALLERYと我々のコラボレーションTシャツが
販売開始。以前RUDEのイベントで、僕が
「"a"だけで良いから覚えて帰って」
と発言した事からデザインしてくれたそうです。
このTシャツは今回だけなので是非着てみて下さい。
f0177417_14161349.jpg

序盤は緊張感がみなぎった。やっぱりワンマンは独特なものです。
しかし、更にZOOMANITYを濃縮した形に出来る喜びの方が大きかった。
ロストワールド・エレジーを初めて演りました。
僕の中では福岡はロックの町だから、負けたくない。
何に?俺に。


11月7日広島CAVE BE
長旅もここでひと段落。
Hound Dog Taylorをよく聴いたツアーだった。
"Natural Boogie"は本当に楽しいブルース作品。
Buddy Guy"I was walking through the woods"や
Muddy Waters"The London Muddy Waters Sessions"も。
そういえば今回の会場SEはナベのセレクト。
渋くてポップなブルースが並べられてます。
f0177417_14185762.jpg

広島、実はそんなに回数行ってないけれど、
いつもとても暖かく迎えてくれる。
全員石井の友達なんじゃないか。と思うほど。
濃い12日間の締め括り、ここまで転がって来た分の
何かを残せたんじゃないかなと思います。
曽根さんにお借りしているエフェクター、すこぶる良い。
f0177417_14191892.jpg


東京に2週間弱ぶりに帰って、まず洗濯をする。
干した洗濯物を眺めて、余りに黒い服ばかりな事に今更驚く。
8割黒1割白1割青という具合。
空から見たら、僕は地上の黒い染みみたいなもんだろう。


11月13日渋谷RUDE GALLERY
と書くとあたかもライブハウスの名のようだけれど、
ほぼ毎日着てるルード・ギャラリーのインストア・イベント
FENDERとRUDEのコラボレーションの展示会に行った時は
考えてもみなかった事だった。参加出来て本当に光栄です。
コラボレーションの一環で創られたテレキャスターは
出色の完成度で、凄く弾きやすいギターだった。
久し振りにテレキャスターで人前に立ったけど、
やっぱりシングルコイルのピックアップって、良い。
白いシャツも、良い。栞までRUDE。
f0177417_14203033.jpg


11月15日高円寺SHOW BOAT
アコースティック・ライブ自体、先月は数本演ったけれど
純粋なソロは幾分久し振りだった。
ツアーでは演らない曲も選んだ。"Flashlight & Flashback"とか。
そう言えば次回持ち時間が長めだと思うので、
聴きたい曲があったら教えて下さい。
ま聞いといて本当にそれを演るか否かは、その時の気分次第ですが。
f0177417_14205461.jpg
高野哲さんと僕の足。スウェードのブーツは、
一度気に入ってしまったらなかなかやめられない。とは高野さんの言。


曽根さんのバンドtalk to meのアルバムが素敵です
こういうこと書くと曽根さんに余計なお世話じゃと言われかねない。
でもジャケットのスペンサー・デイヴィス・グループ的配色から
感じるモッズ感はそのままに、凄くきらきらしたアルバムなのです。

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-11-26 14:23
Blow Wind Blow
11月2日岡山PEPPERLAND
champagne合流、僕も彼らも皆革ジャン。新曲良いですね。

楽屋にはキビダンゴがスタンバイ。さすが岡山。
PEPPERLANDは収容人数で考えるととても小さな場所だけれど、
その分凄く密度の濃い夜になったと思います。
2階(席というかロフトと言った方が近い)の人は膝を抱えて観ていて、
何だか不思議な光景だった。でも楽しそうだったから問題なし。
狭い所には、距離が近いなりの燃え方がある。

それにしてもナベ、タイチさん、サトヤスさん。
ドラマーってカブキ者的派手好きが多いんですかね。
ボンゾもキース・ムーンもミッチ・ミッチェルも派手好きだし。
f0177417_147481.jpg


11月3日長崎Be-7
リハーサルなしになったけど、そういう方が燃えるタチです。

地元の銭湯で漫画の登場人物みたいな初老男性と出会う。
妖精のような初老男性。なぜか山手線の話で盛り上がった。

ケイシさんが誕生日だったり、ライブが盛り上がったり、
僕らが演奏する頃には、会場がとてもハッピーな空気だったので、
(主催なのに)悪役の心持で演奏した。
その実、それが性に合っている気もする。服も黒いし。

打ち上げではRiddimメンバーに、石井がとてもかわいがられる。
白井さんの酔い方の泥っぷりが印象深いです。


11月5日大分T.O.P.S Bitts Hall
新しくなったトップスは、海が目の前にある。
日本有数の素敵な立地だと思います。
リハーサルの合間に釣りをする者続出
そして、とても会場がデカイ。
f0177417_1451244.jpg

Holidays Of SeventeenもTwentiesもポップかつ鋭い。
九州は格好良いバンドが多いと思う。
Holidaysは上京すると言っていたから、東京で会えるのが楽しみ。
トラブルもあったけど、それはそれ。
思い残さないように駆け抜けました。

この日、佐野洋子さんの訃報があった。ご冥福をお祈りします。

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-11-26 14:09
Sing A Simple Song
10月29日高松DIME
LOST IN TIME、UNLIMITSと。
DIMEにはいつも独特の良い雰囲気が漂っています。
常設の黄色いドラムはメンテナンス中だったけど、
相変わらずとても気持ち良かったです。
フロアの人たちも自由に踊ってくれていた。
海北さんがリズム隊を褒めて下さった。

谷川俊太郎さんと山田馨さんの共著(というかインタビュー)を
読み始める。これは非常に、やばい本だ。バイブルだ。まじで。
f0177417_13514240.jpg

よく行くウドン屋さんの看板がぐっと近未来化していた。
驚き、傷付く。スペイシーな風合いのウドン屋になっていた。


10月30日高知X-pt.
昨日と同じ面子。
両方とも、とても歌の力を信じていて、それを体現している先輩です
高知は二度目
前より目に見えて理解してくれる人が増えている事を感じました。
いや、理解という言葉は適切じゃないかも知れません。
シンパシーというか共有というか...えもいわれぬ感覚。
四国、また鍛えて帰ってきます。
打ち上げでは三井さんの誕生日を祝いつつ、しっぽり呑みました。
沢山話をした。

高知は坂本竜馬人気で異様な活気。テレビドラマの影響らしい。
司馬遼太郎さんの本を読みたくなる。実家には山のようにあったなあ
白髪が似合う著名人と言えば
ジム・ジャームッシュさんかカラヤンさんか司馬遼太郎さんですね。
白髪が似合う男になりたい。早いか。
f0177417_13534274.jpg


10月31日神戸太陽と虎
入り口から蔦が茂るジャングル状態、
玄関には鹿の頭の壁飾り、楽屋にはアヒルとペンギンのオブジェ、
フロアにはパンダの肖像写真、ステージには虎のロゴ。
こんなにZOOMANITYなライブハウスは他にないでしょう。
お蔭か、ツアー中最も暑い夜になりました。酸素無かったけれど
バンドに火が付いて、攻撃的なライブになった。
f0177417_13542132.jpg
f0177417_1354430.jpg

そして呑みまくった。
打ち上げも最も熱かった(酷かった)かも知れない。

Riddim Saunterは、僕が18の頃に友達のヨシダと新宿LOFTで観たバンド。
妙な感慨がありました。ヨシダに報告しなくては。
ヨシダにジミ・ヘンのバンド・スコア、いいかげん返さなくては。


中日はコインランドリーへ行った。
汚れと一緒に集中力まで落つないように気をつけながら。
新曲を作る。早く聴いてもらいたい。

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-11-26 13:58
M'Lady
(ここからの記事はツアー中に幾つかノートに書き留めた事柄と、
記憶にぎりぎりで留まっている事柄とで構成されています)
f0177417_1345951.jpg


10月22日仙台MACANA
THE NOVEMBERSと。彼らは前より更に透き通って、
そして更に尖っていました。
MACANAでは今回初めて演奏したけど、
熱く迎えてくれて、良い感触。

"ノルウェイの森"に関する取材が近かったので、
移動中何年かぶりに読み返した。
キズキという人物の名の由来を久々に考える。
登場人物の名前の意味を考えるのが、僕の趣味です

昔、思い立って「亮」の字の持つ意味を調べた時、
明瞭とか光るとか正直とかそんなような
余りにも僕に似つかわしくない意味だったので、
現実的に名が体を表す事はなかなか叶わないもんだなあ
と思った覚えがある。
だからか、自分の曲に名前を付ける際、
慎重に過剰に時間をかけてしまう。
f0177417_13435794.jpg


10月24日札幌Sound Labo mole
八戸からフェリーに乗って苫小牧へ。
僕は苫小牧の港が好きだ。
空気の粒子が細かくて、その一つ一つが澄んでいるように感じる。
残念ながら星はあまり見えなかった。
皆は"スラムダンク"を読んでいました。もうリングしか見えねえ

本格的な寒さが訪れる直前の北海道
真摯に受け止めてくれて、凄く楽しかった。
でも単純に人口の絶対数が多い町でワンマン出来ないのは、
悔しいわけです。もっと広い景色を見たい。見せたい。
何回でも挑む。もうリングしか見えねえの精神で。

最終フェリーの時間が迫って打ち上げ出来ず。
翌日は札幌で諸々取材を受けました。
ラジオでサガンの顔が好きだと発言したら、
非常にいまいちな反応を食らってしまった。
そりゃあそうか。いや放っておいてほしい。
f0177417_13254045.jpg

フランソワーズ・サガンさん

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-11-26 13:46
It's Only A Paper Moon
101017 light house
f0177417_13113518.jpg
f0177417_13112811.jpg
f0177417_13112089.jpg
f0177417_13111217.jpg
f0177417_1311387.jpg
f0177417_13105427.jpg
f0177417_13104496.jpg
f0177417_1310377.jpg
f0177417_13103098.jpg

photo by h.o-mi

オーミくんありがとう、遅くなってごめん
佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-11-26 13:12
Young Fashioned Ways
101015 look
f0177417_1354168.jpg
f0177417_1353144.jpg
f0177417_1352284.jpg
f0177417_1351290.jpg
f0177417_135346.jpg
f0177417_1345366.jpg
f0177417_1343980.jpg

photo by h.o-mi

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-11-26 13:06
Fire Like This
100919 shelter
f0177417_125749.jpg
f0177417_12565491.jpg
f0177417_12564536.jpg
f0177417_12563645.jpg
f0177417_12562751.jpg

photo by h.o-mi

tell me what's going on (Marvin Gaye)

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-11-26 13:00
I'm Finding It Harder To Be A Gentleman
前回抜けてしまったんでこの話から
0907新宿LOFT
スマイリー原島さん生誕50周年記念イベント
集まった面子の豪勢さからも原島さんの偉大さが分かりますが
何より、とても熱いライブを観ることが出来ました。
僕が50歳の境地を知るには今から倍生きなければならない。
それが長いか短いかはその時にならなければ分からないけれど、
格好良い背中を見せて貰いました。
50と言えば丁度親の世代。不思議な感じ。

0919下北沢SHELTER
What's Going On vol.8 自主企画は本当に久し振り
wash?、SISTER JET、磯谷さん、石井さん、ケンゴさん、渡會さん
WGOならではの面子で演れたのは最高に嬉しい事
長い夜になると思っていたけど
小説を夢中になって読んでいるうちに朝が来るみたいに、
楽しい時間の連続はあっという間に終わってしまった。
僕は感情的だし思考回路が単純だから、
哀しいくらい一時に大事に出来る(想える)物事が限られている、
ライブは僕にとって本当に貴重な瞬間だという当たり前の事が
改めてよく分かりました。言葉にすると、ああ何とも陳腐だけれど。

1001愛知NCA名古屋コミュニケーションアート専門学校
曽根さんと二人で周るACOUSTIC ZOOMANITY初日
ZOOMANITYの曲の骨格だけを届ける、そんな作業。
アルバムとまた違うイメージが伝わっていたら面白いし、
同時に芯の部分が真っ直ぐ伝わっていたら良いな
カバーは"深夜高速" 
「若さはいつも素っ裸」
それにしても、学生さん、とは素敵な生き物だ。
当然全ての学生さんが青春を謳歌している訳じゃないだろうけど、
僕ももう少し爽やかに学生時代を過ごすべきだったかな。
ま無理だな。そういう資質がなかったんだな。
なんにせよその瞬間を不毛にしたくない限り
偽らず一所懸命であればヨシとしたい所存です

1002京都SOLE CAFE
ACOUSTIC ZOOMANITYの番外編で京都。
渋滞の影響で、ぎりぎり間に合っていない、と言える登場になったけれど
自分の部屋で一対一で歌を聴いて貰っているような錯覚に陥るほど、
居心地の良い空間だった。秋晴れの昼間という環境も良かったですね。
ライトニン・ホプキンスのコーヒーハウスのライブ盤を思い出した。
驚いたのは、5曲程演った後FoZZtoneが乱入、
もとい、僕の誕生日を祝いにわざわざ来てくれたこと。
あんなにポップに?祝ってもらったのは初めてです。感謝します
ステージにいて歌を歌ってもらうことはなかなか無いだろうし、
ステージにケーキが登場することもなかなか無いだろうから、
忘れ難い日になりました。

僕は24歳になった

1003大阪専門学校ESPエンタテインメント Club GARDEN
三日連続の締め括りは大阪。
前日の京都が非日常的なほど日常的な空間だったので、
その心のやわらかさを連れたままライブに臨めた
カバーは"満月の夕"
大好きな曲だしいろんな事が頭を巡ったけれど、
丁寧に、歌えたと思います。
学校の入り口にはばーんとヴィンテージ・ギターが飾ってあって、
曽根さんと二人で興奮。
そういえば曽根さんは最近ストラトキャスターを購入されました
羨ましい。今僕が欲しいギターはホワイト・ファルコン
そうですただブラック・ファルコンと並べて置きたいだけです。

1011渋谷DUO MUSIC EXCHANGE
FoZZtone 対 竹内電気
間に合わず、竹電を見逃したことが悔やまれます。
FoZZtoneは潔く新曲の嵐で驚いたけれど、
沢山聴けて良かった。アルバム楽しみです

1014渋谷CLUB ASIA
White AshのイベントでDJ
White Ashとは最近出会ったばかりだけど、彼らがとても好き。
不穏なのび太の不穏な演奏格好良かった。
ゲストのJohn's Guerrillaも凄く久し振りに観れた。
短い時間だったけれど、音が凄く分厚くなってとても逞しかった。
刺激受けました。
DJはDead Weather、JAMAICA、ジミヘン、8823、Mirraz等

1015千葉LOOK
ツアー初日。バンドでのライブがこれだけ空くのも珍しい。
しかし生々しさに重きを置いたZOOMANITYを伝えるには、
当然生が一番。言うなれば気合と愛で、臨みました。
そうそうLOOK斉藤店長氏から巨大ポスターを頂戴しました。
これLOOK名物だそうです。
全国各地ツアー先でもどんと貼るつもりですので、見つけてください

1016横浜CLUB LIZARD
ライブハウスの性質上、物凄い湿気と熱に覆われながらのライブ。
でも革ジャケット。石井ベレー帽。なべちゃんは、上裸だけど。
いくつかのトラブルにも見舞われましたが、
それでかえって何倍も勢いがついて燃え上がった。
まさかの2回目のHuman Licenseの光景、気持ち良かった

1017水戸LIGHT HOUSE
TOP OF THE FUCK'N WORLDのイントロが聴こえると、
もう自動的に高揚してしまう体になってしまった。
Mirrazまた必ず対バンしたい。
ライトハウスで二階も開けて貰って演ったのは初めて。
進化した自負がある分、もっともっといける、
いかねばならないよな、と、明白に感じた。
愛ある激励を頂きつつ、百鬼夜行は北へ向かいます。

1019渋谷SPACE SHOWER TV THE DINER
ACOUSTIC ZOOMANITYとしては、ファイナル
とても濃い時間が過ごせました。
東京では弾き語り何本かやってるけど、
短いながら曽根さんと(そしてスタッフチームと)作ってきた形が
この日しっかり結実したように思っています。
カバーは"東京"
名古屋でも大阪でもカバーに対する思いはいろいろあって、
説明し過ぎるのはいやだけれど、どれも気持ちを込めて歌った。
それにしても史上最も言葉を発したライブだったかもしれない。
特に曽根さんが、です。
緊張感と安堵感がない交ぜの中、また演りたいと思える夜でした

ACOUSTIC ZOOMANITYはどれも慣れない空間でのライブだったから、
聴いてくれた人ももしかしたら緊張してたかも知れない、
真摯に聴いてくれて光栄です。またどこかで。



スピッツのことをMUSICAという雑誌に書く機会を貰いました、今は
愛はコンビニでも買えるけれど もう少し探そうよ
という歌詞が耳に飛び込んできたその時の衝撃を思い出してる。


ライブが連続していると、色々感じ、色々思います。例えば
おかしい、と思うことは、おかしい、と言うべきだけれど
おかしい、を共有するのは本当に難しい
愉快なことのおかしさも、違和感についてのおかしさも。
音楽はその共有の可能性を広げてくれるかもしれないし、
狭めてしまうかもしれない。

僕は広がる可能性の方に、今を賭したいと思う。
単純な思考回路でいくと、つまり笑って居たいからです。
Tour ZOOMANITYは始まったばかり、ライブハウスで待ってます

次はオーミ君が撮ってくれたライブの写真、載せますね

佐々木亮介
[PR]
by afoc_ex | 2010-10-22 02:26


excite.musicmall

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。